fc2ブログ
データを駆使した軸馬予想を無料で公開中!軸馬は2002年から継続して、単勝64%、複勝90%以上です(いつの間にか15年超えてた^^;)皆様の投資競馬のお役に立てたら幸いです。90%軸馬でハッピーになって下さいね。  ※本家「90%軸馬」は私のこのブログです。最近増えてきた類似、もしくは「90%軸馬」の検索キーワードだけを謳った、私となんの関係も無いキーワードパクリサイトにご注意下さい。
今週の結果!
2018年03月13日 (火) | 編集 |
応援よろしくお願いします!!
人気ブログランキング  競馬ブログランキング

みなさん、こんばんわ^^
競馬関係のサイトの相互リンクの募集をしてます。

今週の90%軸馬の結果

3月10日(土)

阪神  1R-2番  1着!
アルドーレ  古川 吉洋
単勝 110円  複勝 100円  枠連(参考) 3480円

3月11日(日)

阪神  1R-3番  1着!
ララプリムヴェール  和田 竜二
単勝 120円  複勝 110円  枠連(参考)  270円

中京  11R-9番  1着!
スワーヴリチャード  M.デムーロ
単勝 160円  複勝 110円  枠連(参考)  5360円

という訳で、今週の90%軸馬の結果ですが、
3頭とも1着と言う結果でした。
日曜の85%軸馬も1着でした。

90%軸馬が全て1着のパーフェクトと言う事で、
先週からの調子を戻してくれた格好で、ホッとしています。
特に日曜は85%軸馬も含め数馬身の着差もあり、
軸馬らしい安心して見れる走りも見せてくれました。

アルドーレは非常にヒヤヒヤしたレースでしたね。
単は1.2倍、マークされる存在でした。
古川騎手がオッズを知ってたのなら相当緊張したのかなと。
スタート後は2頭の馬に前を塞がれ、
1頭の馬に横へ前へと競り掛けられる展開。
前走2着時は2番手で走ってましたので、
思った位置取りにはつけなかったのかなと思います。
4角手前で自らが進出しますが、
直線抜け出すとなんとソラを使い出しました。
そこに2着となった減量1kgの加藤騎手の馬が来て
叩き合いとなりましたが、クビ差しのぎ切りました。
馬の能力で勝てましたが、危なっかしさも見えたレースでした。

ララプリムヴェールは、減量1kgの小崎騎手の馬を1頭前に
道中2番手で進みます。
直線ではお手本の様な先行抜け出しですね。
2着に3馬身差と危なげない勝利でした。
このレースのファインプレーはララプリムヴェールをマークしていた
丸山騎手かなと思います。結果、8番人気の馬を3着。
ララプリムヴェールの複勝が
この馬のお陰で1.1倍になったと言えます。

スワーヴリチャードは、スタート後掛かり通しでした。
1000mが63秒ですので、鞘重の馬場にしてもスローな展開。
スローな中でかかっているのが収まらず、
4番手から2番手まで上がって行きます。
でも、外国人騎手と言うのは
この「かかりながら進出」が凄く上手いんですよね。
強引に抑え込んで馬の走る気をなくす訳でも無く、
掛かっているのを制御出来ずに走らせて最後の脚が無い訳でもなく、
今回はメイチであろう、先頭のサトノノブレスの前には行かず
2番手で直線を迎え、そのまま半馬身抜け出しゴールまで行きました。

右回りの大阪杯が非常に楽しみになってきましたね。

今週の90%軸馬も確率通りの結果を出してくれました。
継続は力なり。勝っても負けても、何も変えず
来週も淡々と打率9割のヒットを積み重ねるだけです。

おやすみなさいzzZ

~~~90%軸馬再販のお知らせ~~~

当サイトの90%軸馬の抽出方法の全てを記載した
PDFファイルのE-BOOKの購読を、再開しております。

こちらのページに、ご購読までの手順を記載しておりますので、
興味のある方はどうぞ、ご覧くださいませ。


~~~~~~~~~~~お知らせ~~~~~~~~~~~~~~

リンクにある「お小遣いサイト副収入データサイト」
アップしている月10万円稼ぐ方法の無料レポート大幅更新しました。

お小遣いサイトを利用して、
最小の手間で最大の効率を得る方法を書きました。
コツコツとお金を稼ぎたい方は、
どうぞリンクのハッピーお小遣いを訪問していただき、
PDFのレポートをダウンロードして副収入を得て下さい。
皆さんのお小遣いや、家計の足しにぜひして下さい。
無料レポートスタンドに登録してる訳ではなく、
 独自のHPにレポートを貼り付けているだけですので、
 簡単にダウンロード出来ます。
スポンサーサイト



テーマ:競馬の予想結果
ジャンル:ギャンブル
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック